お酒が飲めないホステスとして働く方法

お酒が飲めないホステスとして働く方法

【徹底解説】お酒飲めない女性でもホステスとして働けますか?

乾杯

銀座のホステスさんは基本的にお酒が飲めたほうが望ましいですが、ホステスさんの中にはお酒が得意では無い方も沢山いらっしゃいます。

一括りに酒が苦手と言いましても個人差があるかと思います。
1.2杯なら大丈夫かも…という方もいらっしゃれば、一滴も飲めない・アレルギー反応のような症状が出るというレベルで飲めない方もいらっしゃると思います。

正直なところお酒は飲めた方が圧倒的に有利です。
銀座クラブの利益はお酒の売上に依存しております。
ソフトドリンクであれば、せいぜい100円で仕入れた商品を3,000円で売ることがせいぜいですが、銀座クラブの場合、1万円で仕入れた商品を平気で9万円近く(サービス料込)で売ります。

銀座クラブのホステスさんには高日給を支払うことにより、容姿端麗で会話のできる女性を集めるわけですから、女性の給料を支払う為に当然お酒を売る必要があり、そのお酒を飲む必要が生まれてきます。
しかし、中にはお酒の飲めない女性もいらっしゃいます

“お酒は弱いが少量なら飲むことができる方”と“1杯すら飲むことができない方”では面接のハードルも変わってきますので、ここでは分けてご紹介させて頂きます。

少量のアルコールであれば大丈夫な方

1.2杯は飲めるという方で、銀座のホステスさんとして働きたいと考えている方は頑張って少しずつお酒に慣れることをお勧めします。
お酒は苦手でだけど頑張れる範囲で飲みますという気持ちが大事です。

現役のホステスさんも毎日少しずつ飲んでいるうちにお酒に強くなったという方も沢山いらっしゃいます。
一般的なお仕事よりもかなり高いお給料をもらうのですから、お酒苦手なら飲まなくて良いということにはなりません

お酒が苦手な方からすると不安かと思いますが、決して倒れるまで吐くまでお酒を飲むことをお店も求めていません。
銀座のクラブは一気飲み等させることはまずありえませんので、少しずつでもお酒を飲む姿勢が大事です。

とは言うものの、全席で頑張って飲んだら飲めない女性にとっては大変です。
頑張ってお酒を飲むポイントと反対に出来るだけ飲まないようにした方が良いポイントをおさえておくと良いかと思います。

頑張ってお酒を飲んだ方が良いポイント

抜きものが入った時・チャンスボトルの時にを頑張ってお酒飲むように意識するとお店や他のホステスさん達に喜ばれます。

“抜きもの”と呼ばれるシャンパン・ワインといったお酒は、ウィスキー・焼酎と違って開けてしまうと保存できない為、みんなで飲んで空けないといけません。
抜きものが入ったらゆっくりでも良いので1杯飲み切るよう頑張りましょう

チャンスボトルはあともう少しで空きそうなボトルのことです。
これも皆で協力して空けないといけないので、少しずつで大丈夫ですので頑張って飲みましょう。

無理しない方が良い時

zoomキャバクラデメリット

店外の同伴・アフターでは頑張って飲む必要はありません
同伴・アフターの店外で高いお酒を奢ってもらうより、お店でそこそこのお酒をあけてもらえた方がお店にとってプラスですし、ヘルプとしても評価してもらえます。
極論飲まなくて済むなら同伴・アフターの時はお酒を飲まないで良いと思います。

ただあまりにも露骨に店外でお酒一滴も飲まない等してしまうと、お客様によってはノリが悪い子だと思わてれしまうので程々に飲むフリをされた方が良いかと思います。
また、お店が混んでいる時はヘルプの女の子は色んな席に着くことになると思いますので、無理に毎回飲み干そうとせず手でコップを持った時に見えなくなるラインまで飲むのを目標に頑張りましょう。

一滴もお酒が飲めない方

全くお酒が飲めないというと上記の様な1.2杯しか飲めない方とは条件が全く変わってきます。
ヘルプ女性で売上がない・一滴もお酒飲めない方ですと、基本的には受かる銀座の高級クラブはほとんどありません

例外でウィスキーの代わりにウーロン茶・シャンパンの代わりにジンジャーエールを水で薄めたものを出してもらってるホステスさんも中にはいらっしゃいますが、容姿基準は非常に上がります
頻繁に芸能のスカウトされる様な方でしたら上記の様な条件でも受かる可能性はありますが、基本的には難しいと思って頂いて大丈夫かと思います。

お酒が一滴も飲めない方でどうしても銀座の高級クラブで働きたいという方は、銀座のキャバクラ、ミニクラブ、新橋・上野・錦糸町など銀座から近い繁華街のキャバクラでお客様を掴んでから売上の女性として銀座の高級クラブにチャレンジすることをお勧めします。

お酒を飲めなくても許されるケース

売上の女性

自分のお客様でしっかりと売上を作り、自分のお給料よりもお客様の使用する金額が多く、しっかりとお店に利益貢献している場合
実際、銀座の高級クラブで1滴もお酒を飲まないママもいらっしゃいます。

同伴・リクエストが圧倒的に多い女性

実際のところ、お客様やママ・売上のお姉さんがお酒を飲まなくても許してくれる女性であれば問題ありません
実際お酒を全く飲めないが、お客様から人気があり、毎日同伴・リクエストされる女性もいます。

周りの女性からも認められ、飲まなくても許される生産性の高い女性であれば例外的にお酒の全く飲むことができなくても働くことができます。

容姿端麗で看板になれる女性

上記でも説明させて頂いた通り、頻繁に芸能のスカウトが来るような容姿端麗でお店の看板になる女性はお酒が飲めなくても採用して頂ける可能性があります。

まとめ

銀座高級クラブでは、キャバクラの様にホステスさんにお酒の代わりにソフトドリンクを出す事は基本的には無いです。
少量であればお酒飲めるという方は大変かもしれませんがちょっとずつ飲んで慣れるよう頑張れば、銀座のホステスさんとして十分やっていけると思います。

体を壊しては元も子もないので、私生活でも肝機能を改善させるため運動・規則正しい食生活を心掛けるのも大事です。

LINEでお問い合わせ 03-6228-5678