ホステスとはどんな仕事?キャバ嬢との違いについて徹底比較!

ホステスとはどんな仕事?キャバ嬢との違いについて徹底比較!

ホステスとキャバ嬢の違いについて徹底比較!

これからナイトワークで働いてみたいけれど、どのような業種で働くべきなのかを迷われているのではないでしょうか。

 

なんとなくホステスはどうなんだろう、キャバ嬢とはどう違うのだろうと疑問にもたれるはずです

 

そこで今回は、ホステスの仕事内容やキャバ嬢との違いについてお話ししますので参考にしてみてください。

 

もくじ

ホステスとは?

ホステス キャバ嬢

ホステスとは、クラブ、または高級クラブで働く女性のことを指します。

 

クラブといえば、利用したことはないけれどキャバクラよりかも高級そう、というイメージをもたれているはずです。

 

クラブは基本的に年齢が高めで、富裕層が利用する傾向にあります

 

もちろんお店にもよりますが、40代以上の落ち着いたお客様が多く、接客力が求められる場所だと言えます。

 

また、接客は1対1ではなく複数人を相手にするのもホステスの特徴です

 

つまりチーム接客がホステスのスタイルと言えるでしょう。

 

そのために、教育係としてクラブにはかならず代表のママという存在がいます。

 

基本的に入店すれば、お店の代表でもあるママの指示に従って仕事をこなしていきます

 

キャバ嬢とは?

 

キャバクラで働く女性のことを、一般的にキャバ嬢と言います。

 

キャバクラでは一般的にホステスではなく、キャストやフロアレディ、コンパニオンなどと表現することがあります。

 

キャバクラはみなさんのイメージ通りで、店内はかなり明るくにぎやかな場所という特徴があります。

 

ですから、客層は年齢も職業も幅広く、そしてクラブよりもリーズナブルで遊べるようになっています

 

キャバクラでは、ママのような指導係はおらず、黒服(ホールスタッフ)や店長などに仕事を教えてもらう仕組みになっています。

 

ホステスとキャバ嬢は接客方法が異なる?

ホステス キャバ嬢

ホステスもキャバ嬢も夜の仕事というのは変わりありませんし、主に男性客を相手にするというのも一緒です。

 

ですが、ホステスの場合は複数のお客様を対応し、キャバ嬢は1対1での接客がメインとなります。

 

1対1の接客ですから黙ってしまうのはよくありませんので、コミュニケーション力が求められます

 

対してホステスはチーム接客のため、まわりが助けてくれますが客層が客層だけに、マナーや気遣いはしっかりしなければなりません

 

ホステスとキャバ嬢の給与形態は?

 

どんな仕事でも、働くにあたりもっとも重要なのは給料です。

 

とくに夜の仕事を選ばれるということは、少しでも稼ぎたいという気持ちがあるはずです。

 

そんなときに、ホステスとキャバ嬢はどういう給与形態なのか、という疑問がでてくることでしょう。

 

お店にもよりますが、ホステスは完全歩合給か日給制で、キャバ嬢は時給とバックが通常の給与形態となります。

 

完全歩合制はその名の通り、売上の半分くらいが給料になるケースが多く、結果がでなければ1円ももらえません。

 

たとえば、月に100万円の売上があれば、もらえる給料は50万円です。

 

売上があればあるほど、その分給料が跳ねあがります。

 

日給制はその日に決められた給料が、結果に関係なく入ってくるシステムです。

 

キャバ嬢は時給分とバックにより給料が決まります。

 

本当に自信があるのであれば完全歩合制ですし、とりあえず安全にいきたいのであれば日給制を選ばれることが多いです。

 

ホステスとキャバ嬢の指名はどうなっているの?

 

ホステスもキャバ嬢も、なんとなく指名がある、というのは知っているはずです。

 

クラブで働くホステスは永久指名制が一般的ですから、途中で指名を変更することはできません

 

つまり、ひとたび指名をもらってリピーターが増えれば、それだけでも多く稼げるようになるというわけです。

 

キャバ嬢の場合は、場内指名というフリーのお客様が指名するか、本指名で最初から指名するかのどちらかです

 

キャバクラはホステスとは違い、指名の変更ができますし、もっと言えば複数を指名することもできます。

 

ホステスとキャバ嬢の年齢層は?

ホステス キャバ嬢

ホステスとして働きたいと思った場合、自分の年齢でも大丈夫なのかどうかが気になるはずです

 

お店の場所やコンセプトにもよりますが、ホステスは20代から30代半ばにかけて、キャバ嬢は20代前半がメインとなります

 

ただしこれはあくまで平均的な話です。

 

たとえば、キャバクラなのに40代を中心としたコンセプトのお店がありますので、ホステスも同様にまずは気になるお店に確認してみることをおすすめします。

 

ホステスとキャバ嬢の共通する仕事について

 

ホステスとキャバ嬢は同じ夜の店で働く、ということには違いありません。

 

それ以外にもいくつかの共通点があります。

 

男性客を相手にする

 

ホステスもキャバ嬢も男性客を相手にするということが、いちばんの共通点ではないでしょうか。

 

キャバ嬢であってもホステスであっても、男性客と会話をしてお酒を飲んで楽しんでもらうことはまったく同じです

 

男性客を相手にするというと聞こえは悪いかもしれませんが、風俗のように体を触らせる必要は一切ありません

 

あくまでお酒を飲んだりお話をしたりする、というのがクラブやキャバクラです。

 

男性客の横に座る接客

 

ホステスもキャバ嬢も、男性客の横に座ることも共通する部分ではあります。

 

男性客とかなり接近して会話をするため、ホステスを気に入ってくれてリピートにもつながるケースが多い傾向にあります。

 

最近よく見かけるガールズバーなどは、風営法により男性客の横に座って接客ができません(カウンター越しの接客のみ)ので、同じ夜の仕事でも内容が異なります

 

同伴やアフター

 

それ以外では、同伴やアフターと言って店外でお客様と会うことも同じです。

 

同伴・・・出勤前にお客様と食事などをして一緒にお店へ行く
アフター・・・営業終了後にお客様と食事などをする

 

同伴やアフターは、お客様とのつながりを作るために、積極的に利用しているホステスやキャバ嬢は多いです。

 

同伴の場合はかならずお店にきてくれるわけですから、お店としても有難いシステムだと言えます。

 

お店によっては同伴バック(給料とは別の歩合)などつく場合があるため、すべての人がWin-Winとなります

 

ホステスの仕事がぴったりな女性

 

夜の仕事がしたい、稼ぎたいと思っていても、向き不向きがあります。

 

極端な例ではありますが、自分が30代なのに20代前半を売りにしたキャバクラで働いても上手く稼げない可能性があるからです。

 

ホステスとして働きたいとお考えの場合は客層のことを考え、聞き上手かどうかというのが重要だと言えます

 

お店にもよりますが、クラブはかなり落ち着いた雰囲気ですからガヤガヤ会話するよりも男性客の話をしっかり聞いてあげることが大きなポイントです。

 

できれば水商売の経験者であれば一通りの常識やマナーが備わっているため採用されやすいですが、お店によっては未経験も歓迎している場合がありますので直接問い合わせてみましょう

 

キャバクラの仕事がぴったりな女性

 

キャバクラは基本的に店内がにぎやかというスタイルもあり、楽しくノリのいい女性に向いている職場だと言えます

 

そういう環境ですから、ホステスのように聞き上手ではなく話し上手でなければならない、というのもキャバ嬢のポイントです。

 

客層も幅広いため、どんなお客様でも笑顔で乗り切られる自信があれば、キャバクラはぴったりな仕事ではないでしょうか

 

ホステスで少しでも安心してたくさん稼ぐためにやるべきこと

 

ホステスとキャバ嬢を比較して、ぜひクラブでホステスとして働きたい、と思う女性は多いはずです。

 

しかし、いざ求人を探そうにもどうやってどのような基準で選ぶべきなのかを迷ってしまうことでしょう。

 

ここからは、ホステスで少しでも稼ぎ長く活躍するためにやるべきことをお話しします。

 

勤務したい日にちや時間に働ける

 

まずは、自分自身がいつ勤務したいのか、1日にどれだけ働けるのかを考えるべきです。

 

専業と副業では、ホステスとして働ける時間は変わってくるからです。

 

クラブ側も専業でしか採用していない場合があるため、事前に確認をしておきましょう

 

働く場所

 

実はキャバクラとは違い、クラブとして営業しているエリアが決まっています。

 

たとえば東京都であれば、銀座や六本木などが該当します。

 

実際に銀座や六本木で働ける状況であればいいですし、まったく関係ないエリアに住んでいるのであれば、引越しや別な方法を考えるべきだと言えます

 

たとえば送迎や寮ありを活用するなどが該当します。

 

条件や待遇に問題がない

 

クラブとひとくちにいっても、エリアやお店によって条件や待遇が異なります。

 

自分が考えている条件や待遇を提示してくれるお店があるのかが重要になってきます。

 

とくに最初から好待遇であればそれだけでも稼げる可能性が高くなりますので、お店選びは納得いくようにしましょう

 

体験入店をしてみる

 

Web上でクラブ求人の情報を見ていても、いまいちピンとこないかもしれません。

 

そういった場合、まずは思い切って体験入店をしてみてはいかがでしょうか

 

体験入店とはその名の通り、1日だけホステスとして働き、本入店をするのかどうかを決めるシステムのことを指します。

 

一般企業では体験入社みたいなものはありませんが、夜の世界では割と一般的ですから積極的に活用するべきです。

 

体験入店でもしっかり給料は支払われますので働く側としてはメリットでしかありません

 

もちろん、体験入店をして合わないと思えばしっかり断われますので、安心してください

ホステスになるために

銀座クラブなどでホステスになる為には、まずは自分がどのクラブが合っているのか知りことが必要です。

自分のカラーに合わないクラブで働いたとしても、指名や同伴に繋がりにくいので、沢山稼ぐことはできません。

自分の希望・条件・カラーなどを総合して信頼できるプロにお店を選定して貰う方が良いかと思います。

弊社では銀座で23年以上2万人以上の方と面談そして参りました。

ママや売上ホステスになった方も多くいらっしゃいます。

弊社はスカウト会社ではなく、クラブの不動産業務及びコンサルタント業務を行っておりますので、女性からは一切紹介料等は発生しませんので、まずはお気軽にお問合せ頂ければと思います。

 

ホステスとはのまとめ

ホステス キャバ嬢

ホステスとは、銀座や六本木にあるようなクラブで働く女性のことを指す、ということがわかりました。

 

また、ホステスとキャバ嬢は同じ夜の仕事ではありますが、客層も違えば雰囲気も給与形態も異なります

 

これからホステスとして働きたい場合、自分にピッタリなところを見つけるためにも、ホステスとはどういうものなのか、キャバ嬢との違いを知っておけば、前向きに進められるのではないでしょうか。

 

LINEでお問い合わせ 03-6228-5678