【ホステスの世界】ヘルプとは?役割と心得までを徹底解説


銀座のホステスさんは大きく分けますと売り上げを持っている『係』のホステスさんと売り上げの無い『ヘルプ』のホステスさんがいらっしゃいます。
主にヘルプのホステスさんの役割は担当のお客様をもっている係のホステスさんやママさんのお手伝いをする事です。

ナイトワーク未経験の方はもちろんお客様がいないので皆さんヘルプからスタートしますし、売り上げをお持ちのホステスさんでも他のホステスさんのお客様についた際はヘルプとしての立ち振る舞いが求められます。

今回はホステスを目指す方であれば一度は通る道であるヘルプのホステスさんについて解説したいと思います。

ヘルプのホステスとは

冒頭で説明させて頂きましたように、売り上げを持っているホステスさんやママさん達のお手伝いをするのがヘルプのホステスさんの役割です。
キャバクラ等では本指名の女性以外は場内指名の女性でもヘルプという立ち位置が曖昧ですが、銀座のクラブではヘルプのホステスさんの役割が明確です。

最低限ヘルプのホステスさんとしての役割を意識していれば、キャストさん同士でお客様の指名を取り合ったり、指名を取る為に無理な接客を要求されない銀座のクラブは経験者・未経験者問わず働きやすい環境かと思います。
同じナイトワークでもキャバクラと銀座のクラブでヘルプホステスさんのポジションが大きく違う理由といたしまして、キャバクラは指名制・銀座のクラブは係制だという事が挙げられます。

キャバクラとの違い

キャバクラでも指名が沢山入っているキャストさんのお客様のヘルプに入ったりするケースはあるかと思いますが、指名制のお店が多いのでヘルプでも場内指名されるケースもありますし、お客様が次に来た時に本指名が変わっているケースもあります。

その為、誰が係・ヘルプかというよりもそれぞれのキャストさんが指名してもらい、自分のお客様になってもらえる様に努力をします。

指名されればすぐに給料に還元される一方で、売り上げの為キャストさんの間でお客様の指名の取り合いが起きやすい・指名制では指名されたキャストとお客様1対1での接客も多いので色恋営業になりやすい等のリスクもあります。

ホステスにおけるヘルプの役割

銀座のクラブでは指名制ではなく係制なので担当のホステスさんとヘルプのホステスさんの役割が明確です。
一度あるお客様の係のホステスさんが決まりましたら、あとからヘルプのホステスさんがそのお客様と仲良くなり同伴や来店の約束を取り付けましても売り上げは係のホステスさんのところに入ります。
一見ヘルプのホステスさんが損をしているように見えますが、同伴等でお客様をコンスタントに呼べるようになりますとヘルプ貢献度としてしっかり日給を上げて貰えます。実際私の紹介女性で売上無、ヘルプ貢献度のみで日給7万円まで上がった女性もいます。

1回毎の同伴でバックを貰うよりも日給が上がる方が長い目で見たら利益が大きいかと思います。
また大きなメリットと致しまして、先輩ホステスさんが辞められて係を引き継いで係になるケースや、ご自身がお店を移籍されて前のお店のお客様を引っ張て来て係になるケースがございます。

極端な例え話ですが、係になればご自身がお休みの時に他のホステスさんがお客様を呼んでくれた場合でも売り上げは自分の物になります。
ヘルプのホステスさんでも同伴を頑張れば日給を上げてもらえますし、いずれはご自身が係になる事もありますので結果的に稼ぎやすいかと思います。
接客スタイルも1対1では無く、係とヘルプのホステスさん達で協力して接客しますので色恋に発展しにくいです。

銀座クラブ ボーイ仕事

ヘルプの心得とお仕事

ナイトワーク未経験の方はもちろんお客様がいないので皆さんヘルプからスタートしますし、売り上げをお持ちのホステスさんでも他のホステスさんのお客様についた際はヘルプとしての立ち振る舞いが求められます。
前者の全くお客様のいないホステスさんをゼロヘルプ(ゼロヘルと略されます)、それに対して後者の少し売り上げがあるヘルプのホステスさんを半ヘルプ(半ヘルと略されます)と呼ばれています。

どちらの場合でも、他のホステスさんのお客様のお席につかせて頂く際は感謝の気持ちを忘れない事がとっても大事です。
どのホステスさんを席に呼ぶのかは付け回しの黒服さんと係のホステスさんが相談して決めますので、自分の中で同伴もアフターも頑張る気持ちがあったとしても、ママや係のお姉さんお席に呼んで貰うことができなければスタートラインにも立つことができません。
最初の1か月は新人ヘルプとして優先的に色々なお席に着くことができるかもしれませんが、協調性が無いとお席に次第に呼んで貰えなくなります。

折角銀座のクラブに入店出来たのにそんな事になってしまったら残念ですよね。
そうならない様にヘルプのホステスさんが心得ておいた方が良いポイントを紹介させて頂きます。

お酒をつくる、灰皿交換などテーブル仕事をする

初めは喋ることで精一杯になるかと思いますが、グラスや灰皿交換などのテーブルでのお仕事は最低限すべきことですので、しっかり行いましょう。

入店した際に大体お酒の作り方や灰皿の交換方法など未経験でしたら必ず教えてもらえますので、しっかり実践しましょう。

係のお姉さんやお客様がお話に集中できるよう、テーブル仕事はヘルプのホステスさんの大事な役割ですので気を配れるように頑張りしょう。

過去にお仕事の流れをご紹介させて頂きましたので、下記リンクをご参考頂ければと思います。

一方的に喋らない・喋りすぎない

沢山喋ることは一見良いようにも聞こえますが、高級クラブではヘルプホステスさんの役割は係のホステスさんのサポートですので、係のホステスさんを押しのけてヘルプホステスさんが喋り続けるのは良くないことです。
積極的に話そうとする姿勢は伝わりますが、ご自身の話ばかりしてしまうとお客様もびっくりしてしまうのでヘルプのうちは聞き役になった方が無難かと思います。

お客様はご自身の話を本当に楽しんで聞いて頂いているのか、お客様の目や反応をしっかり見て、お客様をしっかり楽しませ、もてなすということを心掛けましょう。

色恋営業を持ち掛けない

お客様に色恋を持ち掛けるのがNGというのも意外に思われる方も多いかと思います。
銀座のクラブでは過度なボディタッチ等嫌がられる傾向にあり、勿論喜ぶお客様もいらっしゃるかもしれませんが、多くのお客様は立場のある方や接待で銀座のクラブに来ている方も多いので快くは思われません。

またヘルプホステスさんが色恋営業をすることはお店側も望んでなく、色恋営業しすぎると逆にパトロン探しの為に銀座のクラブに来たのかとママや売上のお姉さんに警戒されてお席に呼ばれにくくなります。

マナーを身に付ける

マナーが悪いというのは、ナイトワークに限らず社会人として良くないですよね。
接客業ですので話し方や笑顔も大事ですが、時間にルーズなどの勤務態度も当たり前ですが好ましくは思われませんので気を付けましょう。

また、係制のクラブの特融のルールで基本的にお客様と連絡を取る際は係のホステスさんに一言確認してからになります。
「先程はご馳走様でした。〇〇様から連絡先伺ったのですが連絡して良いでしょうか?」といった報連相やお礼を忘れないようにしましょう。

接客

まとめ

ヘルプはナイトワークをしている方、これからする予定の方は一度は必ず通る道です。
銀座のクラブはヘルプホステスさんが無理なく働ける環境かと個人的には思います。

過度な色恋営業等はそもそもお店が嫌いますので、他のエリアのお店で働いていて嫌な思いをした事がある方やナイトワーク未経験の方でも安心して働きやすいかと思います。

また銀座のクラブでは週5日職場で会っているのにホステスさん同士で休みの日も一緒出かけている方も多くいらっしゃるくらい職場の人間関係が良好なお店が多いです。
それは係とヘルプの役割がしっかり分担されている為ホステスさん同士で指名の取り合いが起きないからです。

お店を移籍したい方も未経験でこれから入店希望の方も、多少売り上げがある方で今の自分が移籍した場合日給いくらになるのか、ゼロヘルプの場合日給いくらか等少しでも気になりましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

銀座クラブの求人紹介サービスとは

関連記事

PAGE TOP
03-6228-5678
line