銀座クラブで働くホステスの枕事情!実際に枕営業はある?

銀座のクラブでホステスとして働く方の間で昔から噂されているのが、枕営業についてです。クラブにはさまざまなお客様が訪れますが、ホステスがその身を差し出すことによって太客などを掴んで離さないための手段の一つとなります。

しかし、実際のところ枕営業は存在しているのかどうかというのは気になるところではないでしょうか。そこで今回は、枕営業の実態についてご紹介いたします。

枕営業とは?

枕営業というのは、業務上における付き合いがある者同士の間で性的な関係が結ばれることによって、それを交換条件に物事を有利に進めることを指します。基本的には芸能界などにおいて、知名度が低いタレントなどがプロデューサーなどと性的関係を結ぶことによって、売出しの後押しをしてもらうといったケースが一般的ですが、現在では業種を問わず使われる隠語の一つです。

語源としては、枕が寝るということの換喩であるために性行為などの意味合いで使われています。同じ意味合いで使われる言葉に『肉体接待』などがあり、いずれも性行為によって利益を得ようとする営業方法のことを差す際に使われています。

本来であればコネクションや実力などによって目的を達成するべきですが、最短で達成するため、あるいは努力をせずに達成するためなどに用いられる手段となります。ただし、権力者が性的関係を条件に有利な状況にするという甘い誘いを仕掛けてくるケースも少なくありませんので、どちらが主導的かというのはケースによって異なるでしょう。

枕営業って実際にあるの?

気になるのは枕営業の実態ではないでしょうか。芸能界や水商売などの業種では当然のように行われている営業方法として知られているかと思いますが、現実に行われているのかあくまでも都市伝説に過ぎないのかという部分は重要です。

まず実際に存在しているかどうかということであれば、存在しています。

ホステスの世界ではその昔『特攻隊』と呼ばれる存在がいたのです。特攻隊というと暴走族などをイメージされるかと思いますが、枕営業における特攻隊というのは、クラブに一人はいるお客さんと寝る担当のホステスのことを指しています。

お客様の中には上客や太客などと呼ばれる、いわゆる金払いの良いお客さんが一定数存在します。お店やオーナーとしては、そのお客さんをどうにかしてクラブの常連として繋ぎ止めておきたいと思うのですが、そこで活躍するのが特攻隊なのです。

実際私もあるクラブでワイン・シャンパンを3本くらいあけ、綺麗に飲んでいましたら、好きな子とアフターしてきなさい・・・と悪魔のささやきを頂戴したケースもございます。

クラブよりもキャバクラの方が積極的に枕営業してくる女性が多い印象です。

ターゲットとなるお客さんに対して枕営業を仕掛けて深い関係になることによって、そのクラブの常連にしてしまうというわけです。ただし、それはあくまでも昔の話。現在ではそのような存在をおいているクラブは皆無ですので、これからホステスとして働こうとお考えの方はご安心ください。

枕営業しないと稼げないのか?

先述の特攻隊のようにクラブに対して利益を与えるだけでなく、個人的に利益を得るためにも枕営業は行われます。愛人関係などをイメージしてもらうとわかりやすいのではないでしょうか。

富裕層や経営者などのように多くの資産を持つ相手は肉体関係を結ぶことによって性的欲求が満たされますし、枕営業を仕掛ける側としては金銭的援助を受けたり社会的地位を得るなどのメリットがありますので、お互いの利害が一致する関係となるのです。

もちろんその関係が続く限りはお店に来て指名してくれたり、ボトルを入れてくれたりとホステスとしての稼ぎは増えるでしょう。しかし、それはあくまでも最終手段のようなもので、いまではタブーといっても過言ではありません。

基本的となる接客態度や雰囲気作りなどで気に入ってもらうというのが、ホステスとしての矜持と言えるのではないでしょうか。肉体関係はいつまでも続くものではありません。しかし、ホステスとしての本来の仕事に磨きをかけることで得る稼ぎであれば、技術として身につきますので安定させることも向上させることも自分次第で可能です。

枕営業をするメリット

枕営業をすることによるメリットは大きく分けて以下の3つではないでしょうか。

1. 一時的に売上が上昇する

クラブに来店してホステスと過ごす時間を楽しまれているお客様の中には、ホステスと個人的な関係になりたいと思っている方も少なくありません。お店で稼がせてくれたらその後に性的関係になれるということを示唆することによって、それを目当てにたくさんお酒やボトルを入れてくれるため、一時的に売上が上昇するでしょう。

私の知る限り一晩現金で800万の話は伺ったことがありますので、売上でなく目に見える現金を貰うことにより枕営業を辞められない女性もいました。

2. 指名される率が上がる

お客様の立場からすると、枕営業をしているホステスと聞けばついついそのホステスを指名したくなってしまうのではないでしょうか。枕営業をすることによって、あわよくばという下心に付け入る形で指名される率が上がると考えてほぼ間違いありません。

3. 高いスキルがなくても出来る

本来ホステスというのは、トークスキルや接客スキルによって居心地がいいと感じたお客様が、何度も足を運んでくれるようになるというのが基本となります。しかし、枕営業の場合には肉体関係を結ぶだけでいいわけです。つまり、ホステスとしてのスキルが高くなくても可能な営業手段ということになります。

枕営業をするデメリット

一方、枕営業をすることによるデメリットですが、かなり深刻なものが多いです。まずはトラブルが挙げられます。肉体だけのプラトニックな関係で維持できれば良いのですが、場合によっては相手の気持が膨らんでしまい、それ以上の関係を求められることも少なくありません。色恋沙汰は事件にまで発展しかねないほどのトラブルになる恐れがあるのです。

また、一時的には売上や指名が増えますが、枕営業を良しとしない関係者や口コミなどによって、そのうち悪い噂や評判が立ち始めるでしょう。そうなるとホステスとしての将来性は無くなってしまいます。その他にも妊娠や病気を患ってしまう可能性もありますので、得るメリットよりもデメリットのほうが大きいと言えます。

まとめ

枕営業自体は今でも行われている可能性がありますが、一時的な売上や指名を増やす目的で行うことは止めたほうがいいでしょう。背に腹は代えられない状況であれば選ばざるを得ないかもしれませんが、地道にホステスとしてのスキルを身に着けて行くことのほうが遥かに建設的で将来につながる営業方法です。

一流のホステスを目指すのであれば必要はありません。銀座のクラブで働く方も、ほとんどは枕をせずに売上を上げています。プライドを持って、ホステスとして働きましょう。

弊社では、銀座のクラブで働きたい方にさまざまな求人をご用意しております。銀座のクラブに興味があるという方は、まず一度ご連絡くださいませ。

銀座クラブの求人紹介サービスとは

関連記事

PAGE TOP
03-6228-5678
line