派遣ホステスとして銀座クラブで働く

派遣ホステスとして銀座クラブで働く

派遣として銀座クラブで働く場合の給与について

派遣の給料

銀座クラブで働く際の雇用形態には派遣社員も存在しています。
通常の派遣社員であれば時給換算で給与が支給されるのですが、ホステスという職種の場合にはどのようになるのか気になっている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は派遣の仕組みや給与の算出方法についてご紹介いたします。

派遣の仕組み

銀座に限らず、クラブで働く場合には通常『入店(在籍)』という形となります。
そのクラブの正式なホステスとして在籍し、働くというものです。

一方で、派遣の場合にはスポットとして一時的にそのクラブでホステスとして働くことになります。
たとえばイベントが重なったことで人手が足りない場合や、在籍しているホステスのシフトが不足している場合などに活用されます。

ただしすべてのクラブで派遣ホステスの方を採用しているわけではありません。
まず銀座の高級クラブでは派遣ホステスを利用することは基本的にありません
ほとんどが在籍のホステスのみでの営業を行っています。

その理由としては、高級クラブのように品質の高いクラブになると、待遇の良さなどさまざまなメリットから定着率が高い傾向にあります。
人員不足という状況に陥ることも少ないため、結果として派遣ホステスの利用を必要としないというわけです。

そのため、銀座クラブの派遣先としてはミニクラブと呼ばれるカジュアルなクラブがほとんどとなります。

紹介会社との違い

派遣会社のように働き先を紹介してくれる『紹介会社』というものをご存知でしょうか?
働き先を紹介してくれるという点ではとても良く似ていますが、実際は異なります。

まず派遣会社については先述の通りです。
いくつかの種類があるものの、基本的には派遣元と雇用関係を結び派遣先企業へ派遣され業務を行うというものです。

一方、紹介会社の場合には、紹介会社と労働者との間に雇用関係はありません
たとえばホステスとして働こうとする場合、基本となるのはクラブのスタッフ募集に応募し、面接を受けて見事合格となれば採用されるという流れです。

しかし、実際に働き始めたら待遇が事前の説明と異なっていたり、そもそもスタッフ募集をあまり見つけることができないなどといった問題があるでしょう。
そうした問題を解消するために存在しているのが紹介会社なのです。

紹介会社の場合には、まずは紹介会社にて面接を行うことになります。
その場で希望する待遇や勤務条件等をヒアリングします。
その結果を受けて紹介会社の方が条件にマッチするクラブを探してくれるのです。

マッチしそうなクラブが見つかったら、実際に見学なども可能ですので雰囲気などを確かめた上でそのクラブと雇用契約を結び、働き始めるというものになります。

また、なかなか希望するクラブが見つからなければ、見つかるまでの期間はクラブに体験入店という形で働くことも可能です。
つまり、紹介会社が労働者とクラブの橋渡しをしてくれるのです。

派遣と紹介の明確な違いは、あくまでも仲介するだけか否かという点と言えるでしょう。
派遣会社の場合には、実際に派遣先で働き始めた時点で派遣会社と雇用関係を結んだ状態となりますが、紹介会社の場合には、そういった関係は一切ありません
クラブへの橋渡しをする紹介料が発生するだけで、あくまでも仲介役のような役割でしかないのです。

ただし、紹介会社もただ紹介するだけではなく、近年では良いマッチングをするまで手厚くサポートをしてくれますので、安心感はたっぷりといっても過言ではありません。

派遣の給与計算方法

派遣として働く場合の給与計算の方法ですが、アルバイトなどと非常に似ています。
基本的には時給制ですので、時給1,500円などのように決まった金額に対して実際に労働した時間をかけます。

たとえば時給1,500円で一日8時間労働だったとします。
その場合日給12,000円となり、月に20日間の勤務であれば月給24万円ということになるのです。

ただし、そこから所得税や社会保険料などが天引きされることになります。
一般的には社会保険料と所得税は額面に対して15%と言われていますので、36,000円が天引きされることになり、手取りとしては21万円ほどです。

また、住民税に関しては基本的に天引きされません。
そのため、手取りからさらに住民税を支払うということを念頭に置く必要があるというわけです。

なお、派遣でホステスとして働く場合の給与計算ですが、ミニクラブであれば時給3,000円が手取りの相場となります。
勤務時間に関しては終電上がりとして、20時~0時の最大4時間、あるいは20時半~23時半の3時間というケースもあります。
日給としては単純計算で1万円前後ということになります。

派遣で働くのは損?

心配する女性

派遣ホステスとして、ミニクラブに派遣された場合のメリットですが、以下の2点が挙げられます。

1. 終電上がりできる

クラブに在籍しているホステスの場合、終電上がりは基本的にはできません
最後のお客様がお帰りになるまで仕事を続けなければなりませんので、終わった後はタクシーで帰るか始発を待つかのいずれかになるでしょう。

しかし、派遣ホステスの場合には終電上がりが許されますので、金銭的にも体力的にも負担を少なく働くことが出来るのです。

2. 毎日現金払いしてもらえる

希望すれば仕事終わりにその日の分の給与を現金手渡しで受け取ることが可能です。

派遣ホステスの方の中には、急な事情でお金が必要になったのでスポットで働いているという方も少なくありません。
そのため、末締めの翌月払いのような一般的な支払い方法よりも、毎日働いた分の給与をすぐに現金でもらうことが出来るというのは間違いなく大きなメリットでしょう。

一方、デメリットに関しては、派遣ですとやはりスポットでのヘルプ要員という印象が強いためか、クラブからの扱いが在籍ホステスの方に比べて雑になる傾向にあります。
また、在籍ホステスと違いお客様との連絡先を交換してはいけないルールとなっていますので、太客の方を何人も掴まえて高級クラブへ移籍するというようなことが難しいでしょう。

そのため、これからクラブでホステスとして働くことをお考えの方で高級クラブに受かるようであれば、あえて派遣として働くことはと言えるでしょう。
もしも高級クラブでは働くことができなかった場合には、選択肢に含めると良いのではないでしょうか。

高級クラブでは少ないものの、銀座のクラブでも派遣で働いているという方もいます。
また弊社では他にもさまざまなホステスの求人もご紹介しておりますので、まずはご相談くださいませ。

銀座クラブ求人情報

LINEでお問い合わせ 03-6228-5678